【Access】VBAいろいろなメッセージボックスを作成してみよう

 

アクセス担当のまみです。

 

メッセージボックスって便利ですね。

必須項目にしたい項目があればそこでメッセージを出してくれるし、適切な場所で表示できるようになると、その後の処理の誘導ができちゃいます。

 

今回は、そんなメッセージボックスにちょっと変化を加えて、色々なメッセージボックスを表示させてみましょう。

シンプルなメッセージボックス

 

(はてな君)
メッセージボックスって種類があるの?

 

下記の記事で使用したメッセージボックスは、メッセージが表示されるだけの一番簡単なメッセージボックスです。

関連記事
 
 
 
 
下記の記事のメッセージボックスも、簡単なメッセージボックスだけど、条件を満たさないと次の処理に進めないようにしてあります。
 
 
 
 
 
 
下記の記事のメッセージボックスは、上2つと違って、どちらを選ぶかで、その後の処理が変わってきます。
 
 
 
 
 
(はてな君)
へぇ、今まで出てきた中でもそんな違いがあったんだぁ~
 
 
 
 
(あいちゃん)
でね、アイコンが表示できたり、メッセージボックスにタイトルを表示できたりするんだけど、知りたい?
 
 
 
 

 

(はてな君)
知りた~い!

 

ボタンの設置

 

では、アイコン付きのメッセージボックスを表示させてみましょう。

 

新規でアクセスを起動させて、名前は何でもいいのですが、「メッセージボックス」で作成しましょう。

 

テーブルは使用しないので閉じておきましょう。今回使用するのはフォームとボタンのみです。フォームにボタンを1つ配置しましょう。

 

 
 
 
 
 
 
①ボタンを選択した状態で、プロパティシートの②「すべて」タブを選択します。
 
③ボタンは下記のように設定しましょう。
 
 
 
名前 cmdメッセージ
標題 メッセージ

 

 

「イベント」タブに切り替えて、クリック時に「イベントプロシージャ」を選択したら、コードの画面を開きましょう。

 

アイコンの表示

 

情報アイコン

 

「Private Sub cmdメッセージ_Click()」と「End Sub」の間に下記のコードを追加しましょう。

 

 

では、動作確認をしてみましょう!

 

 

(はてな君)
アイコン付きのメッセージボックスが表示された!他にもアイコンがあるの?

 

(あいちゃん)
今回のアイコンは情報アイコン、あと3種類のアイコンがあるよ!

 

 

コードをコピーされたい場合は下記の記事を参考にしてください。

関連記事

 

 

エラーアイコン

 

上のコードの「vbInformation」を「vbCritical」に変えると下記のメッセージになります。

 

 

 

 

 

ボタンを追加してもいいし、ボタンはそのままで、コードを変更してもどちらでもお好きな方法で試してみてください!

私は、上書きしちゃいました!

 

(あいちゃん)
ボタンを追加するなら、名前や標題も忘れずに!

 

 

 警告アイコン

 

上のコードの「vbInformation」を「vbExclamation」に変えると下記のメッセージになります。

 

 

 

疑問符アイコン

 

上のコードの「vbInformation」を「vbQuestion」に変えると下記のメッセージになります。

 

 

 

 

(はてな君)
そっかぁ、じゃあ内容によってアイコンの表示を変えたらいいんだ!

 

 

(あいちゃん)
そうだね。メッセージだけじゃなくてアイコンがあると、あっここに入れたらダメだったんだとか視覚的にわかりやすくなりますよ!

 

タイトルの表示

 

メッセージボックスにタイトルをつけることもできるので、その方法をお伝えしますね。

 

メッセージボックスにタイトルを表示させるには、「, “メッセージの表示”」をコードに追加すれば表示されます。

””の中にお好きなタイトルを入れてくださいね。

 

 

 

 

(はてな君)
タイトルが表示された!アイコン表示させないで、タイトルは表示させるってできるの?

 

(あいちゃん)
その場合は、アイコンの部分を記載しないんだ。

 

アイコンなしでタイトル表示

 

アイコンなしで、タイトルのみの表示だと、下記のコードになります。

 

 

(はてな君)
へぇ~。今日はメッセージボックスのいろいろな表示ができるようになって面白かったよ!

 

フォームには「F_メッセージ」と名前をつけて終了させておきましょう。

 

まとめ

 

メッセージボックスのアイコンやタイトルが表示される方法についてお伝えしました。

 

適切なメッセージボックスが表示できると、データ入力時の道しるべになりますね。