【Access】VBAでメッセージボックスを表示させよう!

 

アクセス担当のまみです。

 

メッセージボックスって色々な情報を表示してくれてとっても助かりますね。

ココには入力できないよとか、ちゃんと登録できたよとか。

 

今回は、データが登録されたらメッセージが出るようにしてみましょう。

 

ファイルを準備しよう

 

今回、説明のために「宛名印刷」ファイルを使用します。

 

プログラム作成の基本となる「フォームの作成」、「データの登録」、「データの検索」、「データの修正」、「レコードの削除」を「宛名印刷」ファイルを作成しながら、お伝えしています。

シリーズを読破すると、ついでにはがきの宛名印刷ができるようになっちゃいます。

お時間がありましたら是非、下記の記事から作成してみてください。

 

アクセスVBAでフォームにボタンをを配置しよう

2018年9月18日
 

メッセージボックスを表示しよう

 

まずは、「宛名印刷」ファイルを開きましょう。

 
 
コードの画面を表示するには例えば、「btn登録」ボタンのコードを入力するのが初めてなら「F_データ入力」フォームをデザインビューで開いてイベントプロシージャから表示で開きます。
 
 
もちろんいつもこの方法でもいいのですが、既にコードを入力していて、「イベントプロシージャ」の設定はしてある(はずれているかもしれませんが!)こと(プロパティーシートの設定が終わっていること)が条件になりますが、別の方法もありあります。
 
 
 
 
 
 
 
①「作成」タブを左クリックして、②を左クリックします。
 
 
 
 
コードの画面が表示されました。
 
 
プロパティーシートの設定をする必要がないときは、この方法が早いですね。
 
 

 

赤枠に下記のコードを入力します。

 

コードをコピーされたい場合は下記の記事を参考にしてください。

関連記事

 

 

「データが登録されました」ってメッセージを表示してねって意味です。ってそのままですね。

 

(はてな君)
登録ボタン押してみた~い!楽しみ~!

では、「F_データ入力」フォームで確認してみましょう。

 

 

データを入力して「登録」ボタンを左クリック!

 

(はてな君)
メッセージボックスが表示された!感激する~!!

 

 

メッセージボックスって見たことあると思いますが、自分で表示させられるんです。めっちゃ感激しますね!

 

登録ボタンにクリア処理を追加

 

少し気になるのは、データが登録された後に残っている情報。

クリアボタンがあるので、クリアして次のデータを入力すればいいんだけど、そのまま「登録」ボタン押すと登録されちゃうんです!

 

それを防止するには、登録された後にデータをクリアするコードを「btn登録」ボタンに追加してあげるんですね。

 

未然に防げるものは防いでおくと、質の高いプログラムができあがりますよ!

ではさっそく追加していきましょう。

 

 

赤枠に下記のコードを入力します。

 

 

 

(あいちゃん)
クリアボタンと同じコードだから説明は大丈夫かな?

 

 

Accessフォームに入力したデータをクリアしたい!

2018年9月25日
 

動作確認

 

ではさっそく動作確認してみましょう!

 

 

私はさっきの画面を閉じていなかったので、データもそのまま残っています。

 

閉じてしまっていたら、「F_データ入力」フォームに何か入力しておいてくださいね。

 

①「登録」を左クリックして、②「OK」を左クリック!

 

 

どうでしょう?うまくいきました?

 

動作確認は、お客様に納品するプログラムを作っているつもりで、色々やってみてくださいね。

色んな人がいて、予期せぬ操作をしたりするので、うまく動かなかったりとかあるんです。

 

色々動作確認してみたら、「F_データ入力」の変更を保存して終了しておいてくださいね。

 

まとめ

 

メッセージボックスが表示されて、「登録されました」って表示されると、登録されたんだなって安心感がありますね。

 

そんなメッセージボックスを自分で表示させられたってすごいですね!