Access String関数を使って頭文字を繰り返す

アクセス担当のまみです。

String関数って指定した文字の頭文字を指定した回数繰り返した値を返してくれます。

今回は、String関数についてお伝えしますね。

 

String関数

 

構文
String(数値,文字列)

指定した文字列の頭文字を指定した数値の数だけ繰り返した値を返してくれます。

 

(はてな君)
数値が先にくるんだね。

 

(あいちゃん)
そうなんだ。文字列が先にくる関数の方が多いから注意が必要だね。

 

使用するテーブル

「T_サンプルデータ」

さっそくクエリを使ってString関数を使ってみましょう。

 

クエリでString関数を使用する

 

String関数を使って、製品名の頭文字を3回繰り返してみましょう。

 

リボンの①「作成」タブから②「クエリデザイン」を選択し、「T_サンプルデータ」を追加します。

 

③フィールドに直接入力してもいいですが、右クリックして「ズーム」を選択すると、大きな画面で編集できます。

 

④「String: String(3,[製品名])」と入力して「OK」を左クリックしましょう。

 

(あいちゃん)
フォームビューで確認してみてね!

 

クエリの結果

クエリは「Q_String」と名前をつけておきましょう。

 

(はてな君)
頭文字を3回表示してくれた!

 

(あいちゃん)
実用性はあるのかな?って思うんだけどね。実際に使ったことないし。

 

(はてな君)
そうなんだ。あいちゃんも使ったことないんだ。
あっちょっといいこと思いついたかも!

 

(あいちゃん)
え?それはString関数についてのこと?

 

(はてな君)
そうそう!
前に幼稚園の先生と話してたんだけど、数字や言葉を楽しく覚えられるような簡単な遊びとかあったら教えて欲しいって言われてたんだ。

 

(あいちゃん)
へ~。そんな相談受けてたんだね。

 

(はてな君)
うん。でね、入力した文字を入力した回数繰り返してくれるようなプログラムってどう?

 

(あいちゃん)
あっなるほど!さっそく作ってみようか。

 

 

フォームでString関数を使用する

 

ではフォームを作成してみましょう。

 

ボタンを1つテキストボックスを3つ配置します。

 

ラベルの標題 テキストボックスの名前
文字を入力 tx文字
数字を入力 tx数値
結果 tx結果

 

ボタンの標題 ボタンの名前
実行 btn実行

 

 

(あいちゃん)
あとはボタンにコードを書けば完成だね!

 

①「btn実行」を選択した状態でプロパティーシートの②「イベント」タブからクリック時に「イベントプロシージャ」を選択してコードの画面を表示します。

 

「Private Sub btn実行_Click()」と「End Sub」の間に下記のコードを追加しましょう。

 

 

 

(はてな君)
じゃあさっそく動作確認してみるね!
みかんって入力して数値は2!

 

 

(あいちゃん)
小さなお子さん相手なのでもうちょっとデザインとか工夫してあげてね!
漢字もひらがなの方がいいかな?

 

(はてな君)
わかった!

 

フォームには「F_String」と名前をつけておきましょう。

コードをコピーされたい場合は下記の記事を参考にしてください。

関連記事
 
 

まとめ

 

String関数ってデータ入力やデータ解析の際にどんな使われ方をするのかなって思ってしまいます。

私が知らないだけなのかもって思ってしまいますが、発想の転換でゲームとか作れるのかもしれませんね。

 

他の関数とかも組み合わせて案外面白いゲームが作れるのかも!