アクセスを開いたらフォームが表示されるようにしよう

 

アクセス担当のまみです。

 

アクセスを開いた時って何も設定していないと、自分でナビゲーションウインドウから作業したいテーブルやフォームを自分で開かないといけないんです。

 

フォームを作成していたら、アクセスを開いたときにフォームが初期表示されるように設定できちゃいます。

 

アクセス起動時に、フォームが開いているとそのまま作業に入れますね。

今回は、起動時にフォームが表示されるように設定してみましょう!

 

 

フォームから別フォームを開く

 

前回は突然宿題を出してしまいました。初めての方も是非下記の記事でやってみてくださいね。

前回の記事の中に答えはあるのですぐにできますよ!

 

Accessフォームのボタンから別フォームを開く方法

2018年9月23日

 

説明のために「宛名印刷」ファイルを使用します。同じファイルを使用する方が理解しやすいので、是非下記の記事から作成してみてくださいね!

 

アクセスVBAでフォームにボタンをを配置しよう

2018年9月18日
 
 
 
 
では、答え合わせです。「宛名印刷」ファイルを開き、「F_データ入力」フォームをデザインビューで開きましょう。

 

 

 
私はボタンを①に設置しました。①のボタンを選択した状態で、プロパティーシートの、②「すべて」タブを選択します。
 
③「名前」が「btnメニュー」に、「標題」が「メインメニューへ」になっていればOKです。
 

 
では次は、プロパティーシートの④「イベント」タブを見てみましょう。
 
⑤「クリック時」に「イベントプロシージャ」の記載があればOKです。
 
時々、色々動かしていて、さっきまで動いていたのに動かないって時があったりします。

 

(はてな君)
おかしいなぁ、コードは間違っていないのに~
 

 
そんな時には、ここを確認してみてください。
 
何かの拍子に「イベントプロシージャ」が空欄になっていることがあるので!

そんなところさわった覚えはないのになぁって思うのですけどね。
 
では、を左クリックして、コードを見てみましょう。
 

 

「Private Sub btnメニュー_Click()」と「End Sub」の間に、下記のコードが入力されていればOKです。

 

 

というよりも、動いていれば答え合わせは必要ないかも?
 

コードをコピーされたい場合は下記の記事を参考にしてください。
 

関連記事

 

 
やっぱり答え合わせは必要かな、ボタンの名前とか違っていたら、コードを書く時に困るので。
 
コンピューターってとっても正直なので、一文字違うだけでも動かないんです。
 
 
エラーメッセージを出してくれることもあるけど、なんで動かないのか、原因を突き止めるのは大変だったりします。
 
原因がわかったら拍子抜けすることも度々・・・
 
本当にその通りのことをしてくれるのだなぁって思います。あっ私が間違ってましたって感じですね。
 
脱線してしまいましたね。

 

(あいちゃん)
脱線のお話も結構ためになるお話です。そんなこともあるんだなって思っておくと良いですよ!
 
 

 

フォームが初期表示されるように設定

 

では、設定していきましょう。「オプション」の「現在のデータベース」で設定します。

 

 

①「ファイル」タブを左クリックします。

 

 

②「オプション」をクリックします。

 

 

 

(はてな君)
最適化の設定した画面だ!

 

 
③「現在のデータベース」を左クリックしたら、④「フォームの表示」で「F_メインメニュー」を選択しておきましょう。

 

あわせて、⑤「閉じるときに最適化する」にチェックを入れていなければ入れておきましょう。

 

Access データを自動で最適化する方法

2018年9月12日
 

設定が終われば「OK」を左クリックで終了です。

 

 

「OK」を左クリックしてアクセス自体も終了させましょう。

 

それでは、「宛名印刷」ファイルを開いてみてください!

 

 

(はてな君)
わぁ!最初からメインメニューが開いた~!

 

 

まとめ

 

アクセスを開いたら、最初からメインメニューが開くようにって、結構簡単にできるんです。

 

最初から開いていると、そのまま作業に入れますね。