「Excel」VBAでセルやシートの名前を変更する仕組み

( ノ゚Д゚)こんばんは、こんにちは、おはようございます。おやすみなさい! とっちーです。

本日は、VBAのメソッドとプロパティの仕組みのご紹介です、楽しくお話をしたい!と思います。

 

 

メソッドってなに?

 

メソッドは、オブジェクトであるRangeやSheetなどを操作することが出来ます。簡単に言うとメソッドにお手伝いをしてもらう感覚です。

 

VBAコードの基本的構文の型式は、オブジェクト.プロパティになります。ちなみにオブジェクト.メソッドと覚えましょう。

 

プロパティって何?

 

構文を作成するときに.プロパティの前にあるオブジェクトの属性についての情報を操作するためにあるものです。

 

例えば、ワークシート1番目のシートの名前を取得したいときのコード

 

Worksheets(1).Nameと記述します。

 

Worksheetsは、オブジェクト。.Nameピリオド(.)から後の.Nameがプロパティになります。

 

ちなみにRangeの値を取得したいときはどうするでしょう?

答え:Range(”セル番地”).Valueになります。

 

さらにワークシート1番目のシートの名前を”売上”と記述したいときのコード

 

Worksheets(1).Name = 値と記述します。(値に変数を使用する場合は必ず変数宣言をお忘れなく。)

 

Worksheetsは、オブジェクト。.Nameピリオド(.)から後の.Nameがプロパティになります。そして、=値は、オブジェクトに値を代入することです。

 

ちなみにRangeの値を記述したいときはどうするでしょう?

答え:Range(”セル番地”).Value=値になります。

 

以上は、オブジェクトの基本的な情報取得と変更になっています。

 

それでは話を戻します。

 

メソッドでオブジェクトを操作する

 

メソッドは、オブジェクトに対して記述したプロパティの処理を行ってもらうときに活用します。

 

また、操作を詳細にしたい場合はプロパティに引数を設定します。(※引数、変更したい値など)

 

オブジェクト.メソッドの後に半角空白を入力後続けて、[引数名:=値]か直接記述するかのどちらかで設定できます。

 

ワークシート1番目のシート岡崎支店の後に 2シート追加したい場合

WorkSheets.Add After:=Workshees(“岡崎支店”),Count:=2

 

 

.Addシートを追加するメソッドになります。 

 

引数一つ目ののAfter:=は、=に指定されたオブジェクトの後を指示、引数二つ目のCount:=で指定された数2は2シート追加をするように記述しています。

 

また、引数名を省略しての記述も可能ですが省略をした場合には必ず指定したシートの前に追加されます。

 

WorkSheets.Add After:=Workshees(“岡崎支店”),,2

 

 

追加する位置を確認してコード記述しましょう。

 

動画はこちらへ

 

.Nameを使って名前を同時に付ける

 

結果から

まずは動画をどうぞ。

 

ワークシート1番目のシート岡崎支店の後に 浜松支店と名前をつけて追加したい場合

 

Worksheets.Add(After:=Worksheets(“岡崎支店”)).Name = “浜松支店”とコードを作成します。

 

引数があるメソッドやプロパティは、まずオブジェクトがメソッドやプロパティの操作をしたあと引数に記述された詳細を参照して処理を続けます。

 

Worksheets.Add:シートを追加します。

 

After:=Worksheets(“岡崎支店”):岡崎支店の後ろ側にまでは、先ほどと同じなのですが。

 

名前をつけたいので、何につけ言いかと申しますと岡崎支店の後に足したシートですので、それを()で囲みます。

 

After:=Worksheets(“岡崎支店”)となります。これに対して名前を追記するために.Nameを使用します。

 

(After:=Worksheets(“岡崎支店”)).Nameそして引数である、浜松支店と記述したいので=”浜松支店”を.Nameの後に記述します。

 

Worksheets.Add(After:=Worksheets(“岡崎支店”)).Name = “浜松支店”のコードが出来上がります。

 

コードをコピーされたい場合は下記の記事を参考にしてください。

関連記事

 

 

まとめ

 

 

今回は、VBAのメソッドとプロパティの仕組みについてお話してみました。

組み合わせ次第では、大変便利です。

こまめな保存と確認をしてからSub/ユーザーホームの実行をするようにいたしましょう。

 

確認作業は、保存の後を守りましょう。泣いちゃうかも。

今日も安心してプロシージャを作成できるように

そんな、お手伝いが出来ることを願っています。

 

 

楽しくお仕事できたらなって。そう思っていただけたら幸せです。

 

ま、何でも楽しくしていただけたら、うれしいです。ものすごく。

 

 

 

スポンサーリンク