【Excel】テーブルでのスライサーの使い方

 

アクセス担当のまみです。

エクセルのテーブルってまるでアクセスみたい!というわけで今回はエクセル講座に参戦です!

 

スライサーってExcel2013からの機能で、テーブルのデータを絞り込んでくれます。

同じ作業はフィルターでもできるんだけど、スライサーはとっても簡単で、絞り込んだ条件もすぐにわかるので、データ分析にはとっても重宝しますよ!

 

今回はスライサーについてお伝えしますね。

 

スライサーの準備

 

(あいちゃん)
さっそくスライサーを使えるように準備しましょう!

 

(はてな君)
は~い!あれっあいちゃん?!

 

(えっちゃん)
あっよろしくお願いします・・・

 

 

 

①「デザイン」タブから②「スライサーの挿入」を左クリックします。

 

設定画面が表示されるので、③絞り込みたい項目にチェックをつけて、④「OK」を左クリックします。

 

(はてな君)
所属部課と氏名、商品名の3つにチェックをつけてみたよ!

 

 

(はてな君)
ふ~ん。これがスライサーなんだぁ。

 

このままでは使いにくいので、データのない場所に並べておきましょう。

 

 

(あいちゃん)
このまま使用できるんだけど、スライサーの設定って変更できるんだよ。知りたい?

 

(はてな君)
知りた~い!

 

スライサーの設定

 

 

スライサーを選択した状態だと、「スライサーツール」が表示されます。

 

「オプション」タブにある項目の設定を変更することができます。

 

スライサーの表示設定

 

 

①スライサーの表示設定をクリックすると②スライサーの設定画面が表示されます。

 

(あいちゃん)
スライサーの名前を変えたい場合はこの画面で変更できるよ!

 

スライサーのヘッダーを非表示にすることも、タイトルの変更もこの画面でできます。

 

 

(はてな君)
タイトル非表示にしてみた~!タイトルはあった方がわかりやすいかな?

 

スライサースタイル

 

スライサーのデザインの変更も可能です。

 

 

お好みのデザインを選んでくださいね。

 

ボタンの設定

 

ボタンの列数、高さ、幅の設定ができます。

 

 

(はてな君)
列数を2にしてみたよ!項目が多いと2列とかにしたら見やすいかも!

 

スライサーのサイズの変更

 

 

(はてな君)
高さを3cmにしてみた~。

 

(あいちゃん)
こんな感じで使いやすいように設定してみてね~!

 

絞り込みたい項目を追加したい時には設定以外は、一度設定しておけば、次からはそのまま使えますよ。

 

スライサーの使い方

 

(はてな君)
データを絞り込むのってフィルターでもできるよね。スライサーとどう違うの?

 

(あいちゃん)
どっちもデータを絞り込んでくれるんだけど、スライサーの方が操作が簡単で見た目に分かりやすいんだよ!

 

スライサーの「製造部」を左クリックして、データを絞り込んでみましょう。

 

 

(はてな君)
えっもう終わったの?確かにフィルターより簡単かも~。

 

(あいちゃん)
スライサーって連動してるので、「製造部」を選んだら「氏名」のスライサーの該当者のみ選択可能になってるよ。

 

(はてな君)
へぇ~。他の部の人は選べなくなるんだね。スライサーって絞り込み条件1つしか選べないの?

 

(あいちゃん)
もちろん2つ以上の選択も可能だよ!

 

2つ以上の項目を選択するには、1つ目の項目を左クリックし、2つ目の項目は「Ctrl」キーを押しながら左クリックします。

 

(はてな君)
離れた項目も選択できるんだね!じゃあフィルターを解除したい時は?

 

 

フィルターを解除したい時は、スライサーに右上を左クリックすると解除されます。

 

(あいちゃん)
スライサーの使い方はこれぐらいかな。ちなみにピボットテーブルでもスライサーが使えるのでぜひ使ってみてね!

 

【エクセル】ピボットテーブルの使い方と更新方法

2018年11月3日

 

まとめ

 

スライサーを上手に使うと、欲しいデータがすぐに準備できるようになります。

 

とっても簡単で便利なので、ぜひ活用してくださいね!