エクセル「グラフの種類」よく使うグラフの作り方

2018/12/13:リライト

( ノ゚Д゚)こんばんは!こんにちは!おやすみなさい!おはようございます! とっちーです。

 

今回は、4種類のグラフの特徴をお伝えいたします。

 

「たて棒グラフ」「よこ棒グラフ」「円グラフ」「折れ線グラフ」の順にお伝えいたします。

 

作成する「Excel」のバージョンは「2013」で作成しております。

 

たて棒グラフ

 

一般的に時系列の「数値」の比較するグラフです。

 

グラフの縦軸に「数値」、横軸に「項目(種類)」で表現されています。

 

時には、数の少ない同一種類の項目内の比較にも用いることがあります。

 

 

(えっちゃん)
数値で比べようとするとイメージがわかないでしょ、はてなくん

 

(はてな君)
うん

 

(えっちゃん)
そんな時にグラフを使って「見える化」をしてみるんだよ

 

項目の数値分だけ縦軸の「数値」目盛に合わせて「長方形の図形」の高さが変化します。

 

 

(はてな君)
わぁ、わかりやすよ。えっちゃん

 

(えっちゃん)
長方形の高さを比較すると、差が一目でみわけられるよね

 

 

 

(はてな君)
うん、数値だけだとわかりにくいよね、イメージも人それぞれだし

 

 

(えっちゃん)
そうなんだ、同じイメージを持ってもらうための比較を説明したり、自分自信にも理解しやすくするためなんだよ

 

(はてな君)
それが、たて棒グラフなんだね

 

 

特に時系列により「数値」を比較するときにわかりやすくなります。

 

 

 

(えっちゃん)
時系列の売上高などの金額を提示するときに使用するといいよ

 

よこ棒グラフ

 

一般的に同一項目の「数値」の比較するグラフです。

 

グラフの縦軸に「項目(種類)」、横軸に「数値」で表現されています。

 

 

 

例えば上図の表は、同じ作業場で生産された部品になるとします。その生産個数を比較するときによこ棒グラフを使って「見える化」してみますね。

 

 

(はてな君)
わぁ、横の長さを比べるだけでわかりやすくなった

 

 

(えっちゃん)
たて棒でも同じことが出来るけど、数が増えてきたら「よこ棒グラフ」のほうが「目が疲れにくいんだ」よ

 

 

(はてな君)
数が増えてきたら、グラフの縦の「高さ」より横の「長さ」のほうが見やすいかも

 

 

(えっちゃん)
それにね、はてなくん、「よこ棒グラフ」はね、同じ項目内を比較するときに適してるんだよ

 

 

 

 

 

(はてな君)
なるほど、グループ内の何かと何がを比べるんだね

 

 

(えっちゃん)
たて棒グラフでも出来るけど、項目数が多くなると、よこ棒グラフのほうが比較しやすいんだよ。ほら、パソコンって左右のスクロールより上下にスクロールするでしょう

 

(はてな君)
そっか~、左右より上下に動かすほうが多いよね、一つの慣れかな

 

(えっちゃん)
慣れてるほうが、目も疲れないでしょう。その点の工夫もできたらバッチリだね

 

 

属性が同じ項目などの比較に使用するとわかりやすく出来ます。

 

 

(えっちゃん)
同一項目内のデータを比較するとき使用するといいよ

 

 

 

 

円グラフ

 

一般的に同一項目の「割合」を確認するグラフです。

 

グラフの中心から弧に向かって垂直に線を引いた部分を「値0」として右回りに項目の「数値の占める割合」を表現していきます。

 

 

(はてな君)
100分率ってな~に

 

 

(えっちゃん)
比較対象のデータ全体を「100」として考え、比較対象それぞれが占める割合のことだよ

 

 

(はてな君)
円の中の面積の分配だね

 

 

(えっちゃん)
そだね

 

 

上図は、売上本数をもとに各項目が全体の「何パーセント」占めているかを「見える化」したものです。

 

円グラフに「%」以外の「数値」例えば、売上本数や金額などを表示したら伝えたい内容が全く見えません。

 

円グラフは、全体に占める割合を把握するときに使用するとわかりやすくなります。

 

(えっちゃん)
他の数値での表現はお勧めしないかも

 

 

折線グラフ

 

 

一般的に時系列の「数値」の比較するグラフです。

 

グラフの縦軸に「数値」、横軸に「項目(種類)」で表現されています。

 

棒グラフと違う点は、数値のMAX地点を「点」で表現して、それぞれの項目のMAX地点の「点」を直線や曲線で結んで「時間の経過で変化する値」や同一グループ内の比較を確認するときに使用します。

 

(はてな君)
なんか、棒グラフみたい

 

 

(えっちゃん)
基本的にはね

 

 

 

(はてな君)
あ、点と点が結ばれてる。棒グラフと比べると高低差が一目でわかる

 

(えっちゃん)
気温とかの変化を見たい時にも使えるね

 

 

折れ線グラフを取り扱う場合は、線の傾きなどで連続した変化を目視で確認しやすくすることが出来ます。

 

棒グラフでは、まず長方形の長さを比べようとしますが、折れ線グラフは点を見るだけでくらべることが出来ます。

 

高低差で説明をしやすく、または判断しやすい場合に使用してみましょう。

 

 

まとめ

 

 

今回は、4つのグラフの種類と特徴をお伝えしてみました。

 

グラフは、これじゃないとダメってことはないのですが基本スタイルを守って、求められる形で作成することをおススメ致します。

 

 

ありがとうございました。