エクセル「演算子」と「文字の結合」をする方法

こんばんは、こんにちは、( ノ゚Д゚)おはようございます。おやすみなさい! とっちーです。

 

エクセルって「表計算」ソフトです。

 

 

ということは、表「計算」と呼ばれているからには、得意な分野は「計算」になりますね。

 

 

エクセルを構成する最小単位「セル」に「計算式を入力」することで「電卓」以上の役目を果たしてくれたらうれしいですね。

 

 

今回は、エクセルの「四則演算」の方法をお伝えしたいと思います。

 

演算子の種類

 

 

エクセルでよく使用する「演算子」になります。

 

算術演算子

 

ご存知の「+」「-」「×」「÷」など、その昔に習った記号「加減乗除」をエクセルで処理が行えるように設定している演算子です。

 

 

ただし、除算は「0」を除きます。どうしても「0」で除算して「エラー表示」をなくす場合は、「関数」用いると「エラー表示」を非表示にすることもできます。

 

加算「+」は、「加算対象となる数が代入されているセル」「算術演算子」「加算する数の代入されたセル」で求めることが可能です。

例えば下図、「A1」セルに「B1」セルの値を加算した値「C1」セルに代入して表示させたい場合です。

 

 

計算式を設定するのは「C1」セルです。

 

「C1」セルに算術演算子「+」を用いて、答えを代入し表示させたいわけです。

 

なので、「C1」セルに表示させたいものは何かって事になるのですが。

 

「C1」セルに記入する「最初の文字」は「=」比較演算子になるんですね。

 

比較演算子?
(定型文)

 

 

(えっちゃん)
後ほど説明するね

 

「C1」セルに表示させたいものは数式で求めた答えと同じものを表示させたいんです。

 

 

記述方法は、「=」で始まり、元の値が代入されている「セル番地」、算術演算子「+」、変化を与える値が代入されている「セル番地」の順に記述します。

 

「=A1+B1」と「」の中の式を「C1」セルに記述してみましょう。

 

式を記述したら最後にキーボードの「Enter」キーを押します。

 

以上の操作で「C1」セルの「計算式」は完成します。

 

 

これにより「C1」セルには、「A1」セルと「B1」セルの加算された値が代入され「13」が表示されることになります。

 

 

他の「-」「*」「/」「^」の記述方法も同様です。ちなみに「^」べき乗ですが、「5^5」はいくらになるでしょう。「3125」になります。

 

 

「%」は、上図のように入力する値に「%」を付加した方法が簡単です。

 

 

比較演算子

 

 

比較演算子」は、演算子を挟んで「左右を比較する演算子」です。

 

 

 

「等号」や「不等号」などが比較演算子です。

 

最もよく使用されているのが、「=」イコールです。

 

 

「=」は、セルに式を代入する場合などに使っていますね。

 

 

不等号の比較演算子ですが、直接「セル」に代入して比較させることはしません。

 

エクセルの「関数」などで「比較演算子」を活用します。

 

 

「関数」とは、エクセルの作業をスムーズに行うために作られた言語です。

例えば、「=A1+A2+A3+A4+A5+A6+A7+A8+A9」を「A10」セルに記述したい時

「=SUM(A1:A9)」と記述すれば計算を行えることが出来るんですね。「=」の後の「SUM]などの文字を関数と呼びます。

 

 

 

「D3」セルに「B3」セルと「C3」セルの値を比較して「比較演算子」の答えにあっているかどうかを表示してみますね。

 

 

 

記述方法は、「=」で始まり、IF関数を用います。IF関数は「比較する」場合にしようします。

 

 

比べる値が代入されている「セル番地」、比較演算子「<>」、比べられる値が代入されている「セル番地」、比較演算子の結果が「真の場合」の順に記述します。

 

「=IF(B3<>C3,”TRUE”)」と「」の中の式を「D3」セルに記述してみましょう。

 

式を記述したら最後にキーボードの「Enter」キーを押します。

 

 

IF関数で指定した”TRUE”がD3セルに代入され表示されます。

 

 

文字列演算子

 

 

 

「文字列演算子」もエクセルの「関数」を用います。関数の中で「判断文など」に使用します。

 

もしくは文字列を組み合わせる場合などは、直接セルで活用することも出来ます。

記述方法は、「=」で始まり、元の値が代入されている「セル番地」、文字列演算子「&」、組み合わせる値が代入されている「セル番地」の順に記述します。

 

「C1」セルに「A1」セルに入力されている文字の後に「B1」セルに入力されている文字を続けて「表示」させる場合です。

 

記述方法は、「=」で始まり、最初の内容が入力されている「セル番地」、文字列演算子「&」、最初の文字に付け足す内容が入力されている「セル番地」の順に記述します。

「=A1&B1」と「」の中の式を「C1」セルに記述してみましょう。

 

式を記述したら最後にキーボードの「Enter」キーを押します。

 

 

これにより「C1」セルには、「A1」セル内容「あお」と「B1」セルの内容「りんご」が組み合わさった値が代入され「あおりんご」が表示されることになります。

 

 

まとめ

 

 

エクセルの演算子についてお伝えしてみました。

 

簡単に計算式を作成したい場合などは、算術演算子を活用してみましょう。

 

比較演算子は、関数などで用いることが主です。直接セルに代入して使用することは出来ない事を覚えておきましょう。

 

今回も読んでいただきまして、ありがとうございます。