エクセル「日付の入力」方法と修正方法

 
こんばんは、( ノ゚Д゚)こんにちは、おはようございます。おやすみなさい! とっちーです。

 

日付の入力方法で悩んだりしたことってありますでしょうか?

 

今回は、日付入力の仕方と日付の入力欄の対処方法をお伝えいたします。

 

セルの「表示形式」

 

 

「セル」の「表示形式」は「標準」が設定されています。

 

確認方法です。

 

 

上部に表示されている箇所「リボン」と呼ばれている箇所の上部にある「ホーム」タブを選択します。

 

 

そうすると、リボンに「ホーム」に関する「コマンド」の一覧が表示されます。

 

 

リボン内の「数値」グループの上部「表示形式」を選択する箇所を確認してみますね。

 

ここに表示されている内容は、今現在選択されている「セル」の「表示形式」がなんであるかを表示させています。

 

 

この表示形式を表示している箇所以外での確認方法もあります。

 

 

確認をするには、「セルの書式設定」ダイアログを表示させます。

 

セルの書式設定ダイアログ

 

 

 

セルの書式を確認したい「セル」でマウスを「右クリック」します。

 

 

 

選択メニューが表示されます。

 

 

「メニュー」の中から「セルの書式設定」を選択(左クリック)してみてください。

 

 

 

 

セルの書式設定のダイアログが起動します。

 

こちらのダイアログの「表示形式」タブ内で表示されている「分類」の下側の一覧でも「標準」が確認できますね。

 

 

ちなみに表示形式の設定は、リボンからでもダイアログからでも出来ます。

 

使いやすい方法で行いましょう。

 

日付の入力

 

 

ダイレクトに入力する

 

日付を直接「セル」に入力する方法です。

 

”/”で区切る

 

 

西暦を含めた」日付を「セル」に、入力をしたい場合

数値と数値の間に「/」を挟みます。記述方法は「数値/数値/数値」になります。

 

例:2018/12/10と記述します。

 

西暦を含めない」日付を「セル」に、入力をしたい場合

例:12/10と記述します。

なお、この記述方法はパソコン内部の日付タイマーに関係してきます。

 

「セルに入力した」のは「12/10」ですが、「日付タイマーの西暦情報」を組み合わせてセルの中には「2018/12/10」の値が代入されています。

 

”年月日”で区切る

 

 

 

西暦を含めた」日付を「セル」に、入力をしたい場合

数値と数値の間に「年」「月」「日」を挟みます。記述方法は「数値年数値月数値日」になります。

 

例:2018年12月10日と記述します。

 

西暦を含めない」日付を「セル」に、入力をしたい場合

例:12月10と記述します。

なお、この記述方法はパソコン内部の日付タイマーに関係してきます。

 

「セルに入力した」のは「12月10」ですが、「日付タイマーの西暦情報」を組み合わせてセルの中には「2018/12/10」の値が代入されています。

 

”-”で区切る

 
 

 

西暦を含めた」日付を「セル」に、入力をしたい場合

数値と数値の間に「-」を挟みます。記述方法は「数値/数値/数値」になります。

 

例:2018-12-10と記述します。

表示:2018/12/10になります。

 

ただし、「西暦を含めない」日付を「セル」に、入力をしたい場合には使用できません。

 

例:12-10と記述します。

 

「セルに入力した」のは「12-10」ですが、表示されるのは「12月10日」になります。 

 

月日で表示させたい場合には「-」を利用してみるのも手ですね。

 

ちなみに「日付タイマーの西暦情報」を組み合わせてセルの中には「2018/12/10」の値が代入されています。

 

 

シリアル値

 

日付を入力していた箇所の表示が「?」になったことありませんか

 

 

上図のように「43444」みたいな5桁の数値見たことないですか?

 

これは「表示形式」が変更されているだけなんですね。

 

修正方法

 

表示形式が怪しい「セル」を選択して、「セルの書式設定」ダイアログを起動してみましょう。

表示方法は、セルを選択する⇨右クリックする⇨メニューの中から「セルの書式設定」を「左クリックする」と表示されます。

 

 

ダイアログの「サンプル」にもセルと同じ値が表示されるので確認してみてください。

 

分類も日付以外になっていることでしょう。

 

 

 

 

分類から「日付」を選択してみますね、サンプルの箇所も変更されたと思います。

 

最後にダイアログの「OK」ボタンを押して終了させましょう。

 

 

以上が修正方法になります。

 

まとめ

 

今回は、日付の入力の方法をお伝えしてみました。

 

日付は、シリアル値という値で取り扱われています。

 

そのため、日付が入力されていた「セル」表示形式が変更されると「?」の数値が表示されます。

 

 

「?」の数値の場合は、「表示形式」で確認をしてみましょう。

 

今回も読んでくださいまして、ありがとうございます。

 

 

スポンサーリンク