『Excel』のシートの保護で保管しよう

 

( ノ゚Д゚)こんばんは、こんにちは、おはようございます。おやすみなさい! とっちーです。

 

本日は、Excelのシートの保護で保管しようを、楽しくお話をしたい!と思います。

 

 

 

 

シートの保護の方法は簡単です

 

数式やフォーマットなど作成したものの、何もしなければ書き換え可能な状態、誰でも修正可能です。いたずらも。

せっかく作ったフォーマットや数式を壊さないようにするにはどうしたらいいの。

 

 

 

上図の赤枠の部分には、数式が入っています。

また、余白部分は、使用予定が無いので触れないようにしてみたいです。

入力をしたいのは注文表と預かり金の部分ですが、シートの保護はどのようにすればいいのでしょうか。

 

 

シートを保護は?出来るの!

 

選択した範囲以外を修正・追記・削除を行えなくするには、シートの保護を活用して触れないようにしましょう。

 

 

上図のように、値の入力を行わなくてはならないセルを範囲指定してみましょう。複数選択は可能です。キーボードの「Ctrl」キーやマウスで選択範囲を指定しましょう。

 

 

シート保護をしてみる!

 

保護をして、改変を食い止めてみよう。

 

 

 

 

1.シートの保護を行う際は、まず入力など改変してもいいセルを範囲選択しましょう。

 

2.「校閲」タブ内の「シートの保護」を選択しましょう。シートの保護ダイアログが表示されます。

 

3.シートの保護ダイアログが表示されます。

 

4.パスワードを要求されますのでパスワードを入力しましょう。また、空白のままですと解除を行う際、「OK」ボタンで解除されるようになります。

 

 

5.パスワードの入力が出来ましたら、「OK」ボタンを押しましょう。するとパスワードの確認のため、7.パスワードの確認入力を求められますので、パスワードを入力しましょう。

8.パスワードが確認できましたら、9.「OK」ボタンをおしましょう。以上で記入可能なセル以外は10.開かないように設定されました。

 

ぜひ、おためしください。

ただし、VBAなど保護をかけた部分に修正や追加を加える場合など保護されているセルに対して、たびたびパスワード要求が表示されますので、ご注意願います。

 

 

シートの保護を解除する方法

 

シートの改変や修正の際は、シートの保護を解除しておかなければなりません。たびたび、パスワード入力要請にこたえても、いいのですが。やはり、スムーズに作業は行いたいものです。

 

 

 

校閲シートタブ内のシートの保護の解除を選択して、左クリックをしてみましょう。

シートの保護の解除ダイアログが起動します。

 

パスワードを要求されますので。保護したときに入力したパスワードを入力しましょう。

パスワードの確認が出来ましたら、「OK」ボタンを押しましょう。

 

以上で、どのセルもアクティブ状態にできるようになりましたのでセル内容も書き可能になりました。

万が一、解除パスワードを忘れてしまった場合は、解除できないので、あきらめましょう。

 

 

 

まとめ

 

今回は、Excelのシートの保護についてお話してみました。

退職や転勤で置いてきぼりにされたExcelシート。

シートに保護をかけたなら、鍵も置いていってほしいです。

 

実際、

持ち主のいなくなったパスワードで開くファイルは、あんまり必要でないファイルだと思っていただけたら幸せです。

ま、何でも楽しくしていただけたら、うれしいです。ものすごく。