【エクセル】ピボットテーブルの使い方と更新方法

 

こんばんは!こんにちは!( ノ゚Д゚)おやすみなさい!おはようございます! とっちーです。

 

ピボットテーブルって何が便利かというと、見やすくて操作しやすいところかな、あとグラフも”ついでに作れちゃうとこかな

 

そんなピボットテーブルの基礎的な操作の仕方をお伝えさせていただきます。

 

ピボットテーブルの作り方

 

 

集計を簡単に作業するには、シート上でフィルタやソートを活用して操作をしますが、今回はピボットテーブルを作ってみます。

 

(はてな君)
ピボット?

 

(えっちゃん)
その名前は、とりあえず置いておこう。

 

(えっちゃん)
はてなくん、ピボットテーブルの操作方法知ってみると驚くかもよ

 

(はてな君)
そうなの!わ~い操作方法を覚えてみる

 

ピボットテーブルの元データの選択

 

 

 

項目が沢山ある集計表には、とても役立つ「ピボットテーブル」です。

 

「ピボットテーブル」操作に慣れると、今度は「ピボットテーブル」がないと操作が「あ~」ってなるぐらいです。

 

まぁ元データの内容に左右は、されますが。

 

上図は、作成手順です。

 

➊挿入タブを選択したら、リボン左端に「➋ピボットテーブル」のコマンドがありますので選択してみます。

 

➌「ピボットテーブルの作成」ダイアログが表示されました。

 

(はてな君)
テーブルって何?

 

(えっちゃん)
詳しくはあとでね、たのしみにしてて、はてなくん

 

「テーブルまたは範囲の選択」の「テーブル/範囲」の右の入力部分に➍使用したいデータの範囲を指定します。

 

設定出来たら(多分操作しにくいです)次の設定に移ります。

 

 

「ピボットテーブルを配置する場所を選択してください」の項目の下に「新規ワークシート」と「既存のワークシート」って選択があります。

 

 

「既存のワークシート」は、どうしても決まっている場所に「作成」しなくてはならないときに「選択」しましょう。

 

 

決まってない場合は、ぜひ➎「新規ワークシート」を選択してください。

 

 

最後に➏「OK」を選択します。

 

ピボットテーブルのフィールドの設定

 

 

フィールドは、必要なデータの項目のことです。

 

集計したいデータを選択してテーブルを作成するための準備段階です。

 

 

➊ピボットテーブルはココにできますって告知してくれる目印です。

 

➋エクセルシートが表示されている右側に「ピボットテーブル」のフィールド設定が表示されていますので、使用したい項目を選択してみます。

 

➌使用したい項目のチェックボックスをマウスで選択します。

 

そうすると下側にある、➍「フィルター」「列」「行」「値」のエリアに自動的に割り振ってくれます。

 

あくまでも自動割り振りです、修正も可能ですがのちほど。

 

以上の操作でピボットテーブルが完成します。

 

 

 

上図の右側➊赤枠部分が、「ピボットテーブル」になります。

 

選択した「項目」で作成されるのが「ピボットテーブル」ですね。

 

そうそう、先ほどピボットテーブルの範囲選択の操作が「あ~」ってなる人のために。

 

実は、「ピボットテーブル」のコマンドを選択する前に使用するデータを「範囲選択」しておくほうが、「ピボットテーブル」を作成しやすくなります。

 

 

範囲選択の手間を省く作成方法

 

実は、先に「範囲選択」するだけなんです。

 

 

➊集計したい表のすべてを「範囲選択」します。もちろん項目もです。

 

範囲選択をしたら➌「ピボットテーブル」のコマンドを選択してみます。

 

そうすると➌「範囲選択」がされています。

 

 

(はてな君)
このほうがいい
(えっちゃん)
だね

 

 

ピボットテーブルのデータ修正

 

作成した「ピボットテーブル」のデータも当然、修正更新や新たにデータを追加して更新します

 

データを修正更新する

 

もともとテーブル内にあるデータの修正になります。

 

 

 

テーブルを作成した元データにある➊数値を➋修正します。

 

次に➌「ピボットテーブル」にマウスポインタをかさね➍「右クリック」してみてください。

 

「メニュー」が表示されます。その中にある➎「更新」を選択すると、➏「ピボットテーブル」のデータ数が更新され➐値変更後の「ピボットテーブル」に変更されます。

 

 

 

データを追加する

 

 

データを追記する場合は、最終データの下段へ追加するのですが。

 

 

 

実は追加しただけでは➊追加した反転しているデータは「繁栄」されません。

 

そこでリボンの➋「分析」タブを選択して➌「データソースの変更」コマンドを選択します。

 

するとメニューが表示されますので、➍「データソースの変更」を選択してください。

 

➎「ピボットテーブルのデータソースの変更」ダイアログが表示されます。変更したいのは「テーブル/範囲」の右側の入力箇所です。

 

➏追記した行まで認識させるために行番号を変更します。

 

設定が、よろしければ最後に➐「OK」を選択すると、追加したデータまで「ピボットテーブル」に反映させることができるようになります。

 

 

ピボットテーブルのグラフ

 

 

 

「ピボットテーブル」を作成した後に、「ピボットグラフ」を作成したい場合は、「挿入」タブ内の➊「ピボットグラフ」コマンドを選択し表示されたメニューの➋「ピボットグラフ」を左クリックします。

 

➌「グラフの挿入」ダイアログが表示されます。使用したいグラフを選択して、最後に➍「OK」を選択しましょう。

 

➎「ピボットグラフ」が追加表示されます。

 

順番に作成すると上記の手順なのですが、実は1回の操作で「ピボットテーブル」も「ピボットグラフ」も作成可能なんですね。

 

コマンド「ピボットグラフ」を選択する

 

ピボットテーブルと同じタブ内にある「ピボットグラフ」コマンドを選択することにより作成ができます。

 

エクセルのバージョンにより作成方法が、異なります。この作成方法はOffice2013バージョンになります。

 

お手持ちのバージョンをお確かめくださいますよう、お願い申し上げます。

 

 

 

まず、➊ピボットテーブルを作成したい「範囲選択」を行います。

 

つぎに➋「挿入」タブ内の➌「ピボットグラフ」を選択しますと、メニューが表示されます。

 

➍「ピボットグラフ」と「ピボットテーブル」を選択しましょう。

 

さらに「ピボットテーブルの作成」ダイアログが表示されています。

 

 

➎「ピボットテーブルの作成」のダイアログで操作する点は、➏「選択範囲」に間違いがないか?とピボットテーブルの➐レポート配置ワークシートの設定になります。

 

「新規ワークシート」か「既存のワークシート」かのどちらかを選択します。最後に設定の確認後➑「OK」を選択します。

 

 

すると➒や➓のピボットのフィールド選択表示になりますので、フィールドを選択します。

 

 

 

 

ピボットのフィールドを⓫選択することにより、⓬「ピボットテーブル」や「ピボットグラフ」が表示されます。

 

 

フィールドの移動

 

テーブルのフィールドの位置。

 

自動的にエクセルが割り振りを行ってくれるのですが、場所が違う!もしくは、こう使いたいなどの場合に変更しやすくなっています。

 

 

 

フィールドの変更は、表示画面右側に表示されている右下の、「次のボックス間でフィールドをドラッグしてください」の個所で変更可能です。

 

上図のように➊から➋へマウスの操作で移動できます。

 

以上が基本的な「ピボットテーブル」や「ピボットグラフ」の作成方法になりますが、実はさらに簡単な作成方法があります。

 

テーブル機能を使う

 

テーブル作成機能は、エクセルのバージョンが、2003以降の機能になります。

 

 

 

作成の手順ですが、作成したい表の中ならどこでもいいので「セル」を➊選択しておいてください。

 

次に➋「挿入」タブを選択して、右側にある「テーブル」コマンドを選択します。

 

すると、「テーブル作成」ダイアログが表示されますので、「テーブルに変化するデータ範囲を指定してください」下段の「選択範囲」の確認をしてください。必ずね。

 

確認後、ダイアログの「OK」を選択してください。

 

そうすると、おや「見たことある」もしくは「なにこれ!」のどちらかになると思いますが、これが「テーブル」です。

 

実は、この「テーブル」から「ピボットテーブル」や「ピボットグラフ」を作成すると、「うれしい」点があります。

 

 

上記の方法で出来上がった➊「テーブル」。

 

次に「ピボットテーブル」や「ピボットグラフ」を作成するわけですが、➋挿入タブのピボットグラフ、さらに➌「ピボットグラフ」とピボットグラフ」を選択します。

 

そうするとおなじみの「ピボットグラフ作成」ダイアログが表示されます。

 

そこで➎「選択範囲」の確認を行い、➏ピボットテーブルの配置先の設定を確認(新規か既存か)して、➐「OK」を選択します。

 

➑「ピボットテーブル」や「ピボットグラフ」のフィールド(エリア)表示が確認出来たら、初期設定は、大丈夫です。

 

 

➑から後の作業は、すでにご説明させていただいた、ピボットに表示させたいデータの選択を行う作業になります。

 

ここがいいのよ、「テーブル」機能

 

 

データの追加、これって必ずっていうほど、「あります」

 

なのでテーブル機能を使うと、この点が、特に「おすすめ」なんです。

 

 

 

データが追加されないことは、ありえないとしての説明です。

 

➊新しくデータを追加した場合➋が、果たして、何もせずに「ピボットテーブル」や「ピボットテーブル」に自動的に反映するのか?ってことですが。

 

実は、反映されてます!

 

 

 

 

 

実は、「テーブル」機能を使って追記した「データ」は、「ピボット」に反映されます。

 

ありがたいです。「テーブル」機能!

 

上図は、その一例です。

 

先ほど、「テーブル」最下段に追加したデータですが、➊「ピボットテーブル」内で➋左クリックして表示された「メニュ」内➌「更新」を選択することにより、➍「ピボットテーブル」や「ピボットグラフ」の内容は「更新」されます。

 

最終行に追加したデータが、追加作業なく表示や集計がおこなえる方法は、とてもいいと思います。

 

 

【エクセル】簡単なテーブルの作り方と注意する点

2018年11月7日

 

 

まとめ

 

 

ピボットテーブルって集計作業には便利!

 

なんて思えるようになれたら素敵です。

 

エクセルのテーブル機能を使って、さらにパワーアップ!

 

う~ん、奥深いエクセル機能!

 

自分に合ったお気に入りのスタイルでエクセルを使いこなしていきましょう。

 

 

ありがとうございました。

 

 

スポンサーリンク