エクセル 図形を操作して表示の順番を変更する

 

こんばんは!こんにちは!おやすみなさい!( ノ゚Д゚)おはようございます! とっちーです。

オートシェイプ(図形)や写真、VBAやマクロのボタン類など、シート上に貼ってみたら、思ったように重なってくれないことってありませんか?

 

今回は、その重なり方の仕組みを簡単にお伝えします。

図形の挿入

 

 

シート上に写真やアート文字、オートシェイプ(図形)を使って資料作成や情報誌などを作成するとき思うよう出来ないことありませんか?

特に何枚もの図形があるとどの図形が一番上なのやら順番がわからなくなってきます。

 

上図のように➋文字の下に写真を入れてみたかったのだけど➊のようになってしまうことってあります。この仕組みはいたって簡単な決まりでした。

 

エクセルのシート上に作成した図形や張り付けた図形の順に重なっていく仕組みなんです。

 

上図のように一番下にある➊はシートに一番下の図形になっており、初めに張り付けた画像だと考えられます。

 

➋や➌はそれぞれそのあとに張り付けた画像ということでしょう。

 

図形の表示の順番を変更する

 

シート上に表示されている図形などの順番を変えるのはマウス1個の操作で行うことができます。

 

 

上図のように1番から順に3番目まで図形があったとします。

 

3番目の図形を最も後ろ側にしたいときにする操作になります。➊をマウスの右クリックで選択してみましょう➋メニューが表示されます。

 

メニューの中にある「最前面へ移動」と「最背面へ移動」で、図形の表示の順番を変更することが可能になります。

 

「最背面へ移動」をマウスの左クリックで選択すると「最背面へ移動」と「背面へ移動」の2つから選択するように表示されますが➌のように「最背面へ移動」を選択してみましょう。

 

 

 

 

➍3番目に作成した図形は1番目と2番目に作成した図形の最後尾である「最背面」に移動しました。

 

先ほどメニューの中から選択したコマンドを実行すると図形が移動できることが出来るんです。

 

 

 

次に➎「最前面へ移動」を左クリックしてみましょう。

 

「最前面へ移動」と「➏前面へ移動」の選択メニューが表示されます。

 

マウスで選択してみましょう。一番背面にあった「3番目に作った図形」が2番目になりました。

 

このようにして順番を変更することが可能なんです。

 

今回のおまけVBAコード 図形の名前とIndex番号の取得

 

 

シート上にある図形の名前(英語)とIndex番号をシートに書き出す。VBAになります。シートの名前は、シート番号で作成していますので

 

ご使用される場合は、Worksheets(番号)を変更するか、シートネームWorksheets(“シートの名前”)の変更を必ず行うようにしてください。

 

以下のシートにある図形の名前とIndex番号を取得します。

 

 

 

別シートに書き出すようにしています。

 

 

コードになります

 

 

 

まとめ

 

 

上図のように図形の順番を確認しながら図形を移動させて重ねてみましょう。思ったように重なっていますか!

 

オートシェイプ(図形)やボタンなどは、重なりが出来てしますので

大量に使用するときは順番を決めておくと図形の順番を修正するときに

大変スムーズになります。

 

できれば、図形の登録順リストでも作ることをお勧めします。