「Excel」シートの上にオプションボタンを設置する

 

こんばんは、( ノ゚Д゚)こんにちは、おはようございます。おやすみなさい! とっちーです。

セルに決めた値を入力して関数を使用すれば表示させることは出来るのだけど

そうすると、キーボードを常に使用しなくてはならない状態になります。

 

そこで、マウスだけで表示変更ができたらいいなって思いました。

そんな時に役立ってくれるのが、今回の「オプションボタン」になります。

Excelシートの上に設置すると便利になるツールです。

 

「フォームコントロール」や「ActiveXコントロール」、「フォーム」等種類もあるのですが、

今回は、オプションボタンの設置方法と色の変更方法をお伝えします。

「それ、いらね~」ってものから「やっぱり!いる!」って思うこともあるかと。

 

 

オプションボタンは、複数の選択肢の中から一つだけの答えを求めるとき等に活用します。

オプションボタンの選択よって、次の枝分かれの作業が指定できます。

今回は、「フォームコントロール」のオプションボタンをご紹介いたします。

 

オプションボタンを設置する

 

シート上にオプションボタンを設置してみましょう。

 

 

➊開発タブの中の挿入コマンド内のフォームコントロールの➋を左クリックして選択しましょう。

 

➌オプションボタンを設置したい場所に+のマウスポインタを移動させて場所が決まったなら、➍右下方向へドラッグ(マウスの左ボタンを押したまま)しましょう。

➎任意の場所でマウスのボタンを押すのをやめましょう。

 

➏オプションボタンが設置されました。一番小さい大きさにしても標準のセルサイズよりは若干大きめになります。

 

 

大きさや位置は、マウスの右クリックで➐の状態にすれば変更ができるようになります。

上図赤枠内のように①⇔が表示されず、②メニューが表示された場合は、③近くの何もないセルを左クリックしてみましょう。➐と同様な表示になります。

 

➑⇔が➒+表示されたらドラッグ(マウスの左ボタンを押したまま)をしましょう。

 

➓サイズは、決められた範囲内で大きくも小さくも出来ます。また大きさが定まったと思い、ドラッグを終了した時⓫ように場所が移動していた場合。

 

上下左右の移動ポインタが表示される状態のとき⓬移動させることができます。⓭指定の場所でドラッグを終了しましょう。

 

オプションボタンをコピーする

 

上記の設置する作業を繰り返してオプションボタンを設置しても問題ありません。

以下の方法は短時間ではありますが時短方法の仕方になります。

 

 

➊作成したオプションボタンをコピーしてみます。

 

❷作成したオプションボタンに👆を重ねていくと上下左右の移動ポインタが表示されます。➌そこで右クリックをしていただくとメニューが表示されます。その中のコピーを選択しましょう。➍の状態に戻ります。

 

次にコピーしたい場所にマウスポインタを移動させて➎左クリックを1回してから➏右クリックで➐メニューを表示させ、メニューの中の貼り付けを選択しましょう。

 

➑左クリックしたら➒のようにオプションボタンがコピーされた状態になります。

 

➓同じようにもう一つコピーをしてみましょう。コピー元はどちらでも大丈夫です。

 

オプションボタンに名前を付ける

 

オプションボタンに名前を付けてあげないと何のボタンなのかわからなくなります。名前の付け方はマウス操作で行います。

 

 

➊変更したいオプションボタンにマウスポインタを近づけて❷右クリックをしましょう➌上下左右の移動ポインタが表示されたら大丈夫です。

メニューが表示されたら近くのセルを1回左クリックしてメニューを消してください。

 

➍名前を変更したいオプションボタンの〇と名前の間にマウスポインタを近づけると「|」が表示される個所があります。その時、左クリックをしてみましょう。

オプションボタンの〇と名前の間で「|」が点滅しています。

 

➎その状態のとき、キーボードの「DEL」きーを使用して削除しても、マウス操作で削除しても大丈夫です。名前を一度消してしまいましょう。

 

➏新しく名前を記入できた場合はマウスで近くの空きセルを左クリックしましょう。オプションボタンの選択が外れます。

➐同様に他のオプションボタンの名前も変更可能です。

 

オプションボタンに色を指定する

 

「フォームコントロール」のオプションボタンに色を指定する場合

コントロールの書式設定を表示させて変更を行います。

 

 

➊変更したいオプションボタンにマウスポインタを重ねます。

 

❷右クリックでメニューを表示させましょう。

 

➌メニューの一番下にあるコントロールの書式設定を左クリックしてみましょう。➍コントロールの書式設定のダイアログが表示されます。

 

 

 

➎表示されたダイアログの中の「色と線」のタブを選択してみましょう。

塗りつぶしと線に関しては、操作が可能な状態なのが確認できると思います。

それでは色を変更してみましょう。

 

➏黄色を選択してみます。次に➐「OK」ボタンを押してみると➑黄色い色になりました。

➒のように色の透明割合も設定可能です。もう一度ダイアログを表示させて「色と線」を表示させてみましょう。

➓の透明という箇所にある左右のボタンを押してみましょう。数値が変化します。直接数値を変更することもできます。決まったら「OK」ボタンを押してみましょう。

色が変化しているでしょう。好きな色設定をしてみましょう。

 

また同様に⓫~⓮のように線の選択では、オプションボタンの縁周りの色の変更が行えます。

オプションボタンをセルにリンクさせる

 

オプションボタンの「コントロールの書式設定」には、サイズの変更や保護の指定、セルに合わせての設定や印刷の可否、代替えテキスト、コントロールの設定ができます。

 

 

その中のコントロールについての説明します。

まずリンク(与えられた値を活用するためにリンクを使用します)をさせたいセルの位置を決めておきましょう。

 

 

➊リンクさせるオプションボタンを右クリックして❷コントロールの書式設定のダイアログが表示されたら「コントロール」を選択しましょう。

➌リンクするセルの欄の右側を左クリックして➍リンクするセルを左クリックして➎「OK]ボタンを押しましょう。

 

➏オプションボタンを選択するとリンクするセルに数値の”1”が表示されました。

この値を活用して作成をします。

 

またこの値は、オプションボタンを➐~➒増やしていく順番に付加されています。

なので、オプションボタンの位置を変えても➓値は変更されません。

 

作った順番の間にあるオプションボタンを削除した場合は、値が自動的につめられます。

まとめ

 

商品注文の名前の個所は、セルの結合で作成しても同様にできますが、こんな機能があるんだなぁって思っていただけるだけでうれしく思います。