エクセルが計算するのを放棄!調子悪いのかな?

 

( ノ゚Д゚)こんばんは、こんにちは、おはようございます。おやすみなさい! とっちーです。

 

本日は、Excelの計算方法の設定について、楽しくお話をしたい!と思います。

 

 

 

 

計算方法の設定?変更されている可能性があり!

 

この前、開けたときは動いたのに今日は動かない。とか、新しく計算式を入れてみたけど計算してくれないとか。ありませんか?

 

 

その設定方法をお伝えします。

 

 

 

数式は、あっているのに動かない?ことって、あります。ごく普通に。誰かが開いて作業するときに設定を変更して保存したかもしれません。

 

 

小さい数字ならパッと見ただけでも氣づくのですが、これが大きな数字の時には氣づきにくいものです。

 

 

しかも計算が出来てると思い込み、書類を作成したら始末書ものではすみません。

 

 

 

 

計算方法の確認方法ですが、数式タブの右端側にある計算方法の設定を確認してみましょう。計算方法の設定の▼の部分を左クリックしてプルダウンさせてみましょう。メニューが現れます。

 

 

表示された設定が、手動にチェックマーク(レ)が入っていれば手動になっています。これでは計算をしてくれず答えが導き出せません。

 

 

設定を変更するために一番上の自動を選択して左クリックしましょう。

 

これで、計算方法は自動設定になりました。きちんと計算をしてくれます。

 

動かないようであれば、計算式を見直しましょう。

 

 

 

 

簡単な演算式や数式なら、答えの表示変化も俊足ですが、多数の関数で作成されたシートは計算に時間がかかり表示が遅くなる場合もありますので設定を変更したら、しばらく待ちましょう。

 

そのうち表示されます。(最近のパソコンでは、減っていると思いますが。)

 

 

ちなみに作業をするとき操作が遅くなったことが多かったので、計算式がたくさんあるシートは設定を変更していました。

 

 

まとめ

 

 

今回は、Excelの計算方法の設定についてお話してみました。

 

たくさんの数式を入れていたら表示するたびに数式が作業するからなかなか、表示してくれないときがある。

 

関数の使いすぎは計算式で動作が遅くなるみたいです。

 

そんなときは計算方法の手動設定で作業をスムーズにしましょう、作業後は解除してね。

 

 

次に触る人が、また、動かない!って騒ぐから。そう思っていただけたら幸せです。

 

ま、何でも楽しくしていただけたら、うれしいです。ものすごく。