「エクセル」均等割り付けとセルの書式設定が文字を活き活きさせる

( ノ゚Д゚)こんばんは!こんにちは!おやすみなさい!おはようございます! とっちーです。

 

今回は、セルの中の文字の操作、色と大きさを変更する方法や「均等割り付け」で設定方法をお伝えしてみます。

 

文字の並びも同じ文字数なら気にならないかも。

 

でもやっぱり、きれいに並べたいかも。だって、活き活きした文字って素敵ですよ。

 

(えっちゃん)
整列させてみたい?はてなくん

 

 

 

(はてな君)
う~ん、時と場合によるかも、でも方法は知りたいから、えっちゃんよろしくね

 

そんなわけで、文字の色や大きさも配置の設定も、せっかくの機能です。ぜひ使っちゃいましょう!

 

 

新しいことにチャレンジするって素晴らしいと思います。

 

 

 

 

セルの中の文字操作する

 

セルに入力した文字でも強調したいときってあります。

 

 

そんな時には、こんな方法があるんですね。

 

一部の文字だけ大きさを変える

 

(はてな君)
一部だけってセルに入力してるのに出来るの?

 

(えっちゃん)
出来るよ

 

(はてな君)
そうなんだぁ、えっちゃん教えてぇ~

 

強調したいときは、文字を大きくしたりします。そんなときの方法です。

 

 

 

操作したいセルを選択します➊さらに、マウスでダブルクリックする。

 

もしくは、「キーボードのカーソルキー」を操作して「フォントの大きさを変更したいセル」に合わせてキーボードの「F2」ファンクションキーを押すかのどちらかで選択します。

 

次に選択されたセル内では|カーソルが点滅していますので、➋サイズを変更したい文字の前にカーソルを移動させます。

 

マウスで操作しても、キーボードのカーソルキーを操作して移動させても、どちらでも慣れているほうでどうぞ。

 

 

点滅|カーソルの移動が出来たら、今度は➌変更したい文字を選択します。

 

 

マウスで選択する場合は、ドラッグをしましょう。キーボード操作は「SHIFT」キーを押しながら「←・→」の矢印キーで変更したい文字を選択してみましょう。

 

(はてな君)
キーボードでも出来るんだね

 

(えっちゃん)
すごいよね~

 

変更したい文字の「範囲選択」が完了したら➍ホームタブにある「フォントのグループ」の「フォントサイズ」を選択しましょう。

 

数値の横にあるプルダウンボタンを押せば既定のフォントサイズの一覧が表示されます。

 

任意の数値を➎選択して大きさの➏確認をしましょう!

 

 

 

大きさが大丈夫なら➐Enterキーを押して決定しておきます。

 

 

(えっちゃん)
マウスで別のセルを選択しても決定されるよ。

 

➑大きさが変更できました。

 

(はてな君)
大きさが変わってる!すご~い!ねぇねぇ、もしかして色も変更できるの?

 

(えっちゃん)
うん、出来るよ、はてなくん

 

一部の文字だけの色を変更する

 

やはり大きさだけでなく、色の変更も必要になります。

 

なぜなら目立たせたいから!

 

 

方法は、大きさを変更するときの操作と同じ前準備になるよ。

 

操作したいセルを選択します➊さらに、マウスでダブルクリックする。

 

もしくは、「キーボードのカーソルキー」を操作して「フォントの色を変更したいセル」に合わせてキーボードの「F2」ファンクションキーを押すかのどちらかで選択します。

 

次に選択されたセル内では|カーソルが点滅していますので、➋色を変更したい文字の前にカーソルを移動させます。

 

マウスで操作しても、キーボードのカーソルキーを操作して移動させても、どちらでも慣れているほうでどうぞ。

 

 

点滅|カーソルの移動が出来たら、今度は➌変更したい文字を選択します。

 

 

マウスで選択する場合は、ドラッグをしましょう。キーボード操作は「SHIFT」キーを押しながら「←・→」の矢印キーで変更したい文字を選択してみましょう。

 

今度は、「ホーム」タブの「フォントグループ」にある➍「フォントの色」を選択しますね。

 

 

色が選択できるメニューが表示されるので、➎適した色を選択しましょう。

 

そうすると、先ほど選択した色がセル内の範囲選択された➏「フォント」に適応されます。

 

 

 

 

選択した色が大丈夫なら➐「Enter」キーを押しましょう。

 

➑色が決定されました。

 

(はてな君)
色が2色になった!設定変更できるんだね。じゃさ大きさを変更して色も変更できるんだね!えっちゃん

 

(えっちゃん)
そうそう、だからアレンジしてみてね

 

折り返して全体を表示する

 

(はてな君)
折り返してってな~に?えっちゃん

 

(えっちゃん)
簡単に言うとセルの中で改行させて表示させるんだ。

 

(はてな君)
セルの中で改行できるの?

 

(えっちゃん)
できるんだ。だけど、データ自体はセル一つとして認識されるから注意してね

 

(はてな君)
うん、気を付けるね

 

どうしても決まった列幅で表示させなければならないとき。

 

さらに「フォントサイズ」さえも変更できない場合は「折り返して全体を表示する」を使用します。

 

 

操作したい範囲を➊マウスを使ってドラッグして範囲選択するか、キーボードの「Shift」を押しながら方向キーで選択しましょう。

 

次にマウスの➋右クリックをするかキーボードの「Shift」を押しながらファンクションキーの「F10」を押してみましょう。

 

 

選択メニューが表示されます。

 

 

➌「セルの書式設定」を選択して、セルの書式設定ダイアログを表示させます。

 

 

➍配置タブを選択して、真ん中あたりにある「文字の制御」の中の「折り返して全体を表示する」にを➎入れます。

 

 

結果以下の表示になります。

 

 

上図だとメニューが途中でちぎれてますよね。

 

そこで体裁よくするためにはセル内の折り返す位置を変更しなくてはなりません。

 

そこで➏該当セルをマウスで選択するか、キーボードの矢印キーでセルを選びファンクションキーの「F2」を押してみましょう。

 

➐セルが選択されセルの中で|カーソルが点滅します。

 

 

 

改行したい文字の区切りに|カーソルが点滅を移動し、➑「Alt」を押しながら「Enter」キーを押します。すると区切り良く改行できます。

 

 

➒結果になります。

 

(はてな君)
でも、行の高さを一緒にもしたいし、どうにかならないの?

 

 

(えっちゃん)
できるよ!

 

(はてな君)
すご~い出来るんだね、えっちゃん

 

(えっちゃん)
ついでに幅もそろえてみるね

 

均等割り付け

 

右寄せや左寄せなどセルの中の文字の配置もいろいろとあるのですが。

 

セルの幅に合わせて文字がバランスよく表示出来たら如何でしょうか?

 

どんなのか知りたいです?

 

 

ちなみに配置の指定方法は、「均等割り付け」といいます。

 

 

 

 

複数行に渡って入力したものの、同じ列なのにそれぞれの行の文字数が違っていて、バランスが気になる方におすすめな指定方法です。

 

➊列をマウスで範囲指定(Shift押しながらか方向キーで選択してもOK)します。

 

 

➋右クリック(Shiftキー押しながらF10キーでもOK)で選択メニューを表示させて➌セルの書式設定を選びましょう。

 

セルの書式設定ダイアログが表示されます。

 

 

次にセルの書式設定ダイアログ内の➍配置タブを選択して、文字の配置の横配置➎をプルダウンします。

 

表示されたメニューの中から➏「均等割り付け(インデント)」を選択して➐「OK」を最後に選択します。

 

結果。

 

上図のようにセル内で両端が揃えられて文字が均等に割り振られました。

 

でも、ちょっと気になってしまう点があるかもしれません。

 

 

セル内の文字の頭とおしりの箇所なんですが、ちょこっと空白ほしくなりませんか?

 

そんな時に空白を入れる方法があるんです。

 

(はてな君)
ワクワク

 

 

均等割り付けの前後にスペースを入れる

 

隙間、ほしくなりますね。

 

そんなときの設定方法になります。

 

 

 

先ほど設定した範囲をマウスで➊再度選択(Shift押しながらか方向キーで選択してもOK)しマウスの右クリック(Shiftキー押しながらF10キーでもOK)で➋選択メニューを表示➌セルの書式設定を選択しましょう。

 

 

セルの書式設定ダイアログが表示されます。先ほど選択をした文字の配置の箇所に操作したい対象があるんです。

 

文字の配置の項目の一番下にある➎「□前後にスペースを入れる」です。

 

 

➏その□に☑をいれることで文字の前後にスペースが入るんですね。

 

 

ただし➐文字数によって前後の間隔が違うんです。

 

 

 

 

この表示は複雑な気持ちになりますか?

 

 

もしも気になるのなら、もう一つ別の方法があります。

 

インデントの設定をする

 

 

インデントの設定を行う方法では、セル内の文字数に関係なく両端の空き幅を同じにできるんです。

 

(はてな君)
それいいかも

 

(えっちゃん)
かもね、その辺は好き好きだけどね

 

 

 

 

「均等割り付け」を設定した範囲を再度➊範囲選択します。

 

➋右クリック(Shiftキー押しながらF10キーでもOK)で③メニューを表示させて➌「セルの書式設定」を選択して、「セルの書式設定」ダイアログを表示させます。

 

 

配置タブ内の文字の配置の箇所にある「インデント」の数値を0から変更させます。

 

➎「1」に設定してみました。最後に➏「OK」を選択して設定を終了しておきます。

 

結果がこのようになります。

 

 

2行になる箇所が現れてしまいました。さっそく修正します。

 

一つ目は列幅は考慮いたしません。

 

そこで、セルの幅を広げる方法になります。

 

 

 

 

フォントの大きさを変更しない場合は、セルの列幅を広げる方法しかありません。

 

➑任意の幅まで広げてみましょう。

 

 

(はてな君)
セルの幅、変えたくないって言ったら?えっちゃん、どうしたらいい?

 

(えっちゃん)
それは、フォントのサイズ変更だね

 

 

フォントのサイズ変更

 

 

列の幅を変更できないとき、もしくはシタクナイときの方法は、「フォントサイズ」を小さくするしかありません。

 

フォントのサイズを変更する場合、変更したいエリアを選択します。

 

➊列をマウスで範囲指定(Shift押しながらか方向キーで選択してもOK)します。

 

 

➋ホームタブに表示されている➋「フォントサイズ」をプルダウンさせて、➌任意のサイズを設定します。

 

 

元のサイズより小さいフォントサイズを選択することによりセル幅を変更することなく表示させることができます。

 

 

➍ただし、フォントの大きさは小さくなります。

 

 

まとめ

 

今回は、セルの中の文字の大きさと色と均等割り付けで均等にはい操作してみました

 

 

もしよかったら、ぜひお試しください。

 

 

楽しくエクセルをアレンジして今日も、新しい発見をしてみませんか!

自分に合ったお気に入りのスタイルでエクセルを使いこなしていきましょう。

 

ありがとうございました。