「エクセル」グラフの作成と基本の修正方法

( ノ゚Д゚)こんばんは!こんにちは!おやすみなさい!おはようございます! とっちーです。

 

今回は、リボンのコマンドを使った基本のグラフの作り方をお伝えします。

 

 

 

(えっちゃん)
グラフ作ってみたい?はてなくん

 

 

 

(はてな君)
しりたい、えっちゃんよろしくです

 

新しいことにチャレンジするって素晴らしいと思います。いっぱい楽しんじゃいましょう。

 

 

 

 

挿入タブ「グラフ」グループのコマンドを使う

 

「挿入タブ」を選択すると表示されている「グラフ」のグループ。

ここにグラフを作成するためのコマンドが設置されています。

 

(はてな君)
どんなグラフが出来るの?

 

(えっちゃん)
よく使う、棒グラフや折線グラフ、それに円グラフもあるよ

 

そうなんです、他にも散布図やレーダーチャートなども用紙されています。

 

 

それぞれのコマンドボタン内にもさらにいくつかの種類のグラフが用意されています。

 

 

特に、グラフの使い方に慣れるまでは、「おすすめグラフ」を選択してみるのもいいと思います。

 

(はてな君)
初心者には、うれしいことなの?

 

(えっちゃん)
そうだね、目視化できる点がいいね。じゃ、さっそく試しに作ってみるね。

 

グラフの元データを範囲選択する

 

 

 

今回は表の中から必要な箇所のデータだけを使用してグラフを作成してみます。

 

 

使用したのは上図の日付・ハンバーグ・ボロネーゼスパゲティ・カレーライスです。

 

➊日付の項目と内容をマウスでドラッグして選択します。

 

次にキーボードの「Ctrl」キーを押しながら、➍ハンバーグ➎ボロネーゼスパゲティ➏カレーライスの欄をドラッグして選択しましょう。

 

「Ctrl」キーを外さないようにしましょうね。

外してしまったら、最初からやり直しになります。

 

(えっちゃん)
すべて選択できたかい、はてなくん
(はてな君)
うん

 

(えっちゃん)
じゃ、グラフを選んでみるね

 

積み上げ横棒グラフを作成する

 

今回は、横棒グラフの挿入コマンドを使ってみます。

 

 

➊挿入タブ「グラフ」内の横棒グラフコマンドを選択(左クリック)します。

 

メニューが表示されますので、➋積み上げ横棒グラフのコマンドを選択しましょう。

 

➌積み上げ横棒グラフが表示されます。

 

(はてな君)
あ!グラフが出た

 

(えっちゃん)
そうなんだけどね、コマンドを選択しただけではこれなんですが?如何ですかって?聞かれてる状態のグラフが表示されるだけなんだ。だから、いろいろと手直しも必要になる

 

(はてな君)
どうするの

 

(えっちゃん)
続きを伝えるね

 

初期グラフの手直しをする

 

お任せ作成のグラフですが、文字、色、大きさなどなどを修正していくだけで作成できるですね。

 

作成したグラフの修正方法になります。

 

 

➊作成したばかりのグラフにマウスポインタを重ねましょう。

 

➋グラフをマウスで選択(左クリック)すると、リボンのタブに「グラフツール」が表示されます。

 

(はてな君)
あ、タブに新しいのが出てきた。

 

(えっちゃん)
使い方だよ、はてなくん、いい?

 

(はてな君)
うん

 

ひな形を使ってレイアウトと色の変更をする

 

サンプルが、いくつか用意されています。

 

今回そのサンプルを使用してみます。

 

 

 

 

➊レイアウトには10種類が準備されています。

 

➋グラフの色の設定は、カラフル4種とモノクロ13種の17種類が準備されています。

 

 

 

レイアウトのサンプルを選択してみます。

 

➊タブ内の「クイックレイアウト」を左クリックすると➋レイアウト一覧が表示されます。

 

 

今回、レイアウト4を選んでみました

 

➌のようにレイアウトが変更されグラフの太さや文字が追記されました。

 

色も変更してみたいと思います。

 

➍タブ内「色の変更」を選択するとメニューが表示されます。

 

➎モノクロの色5を選択してみました。

➏グラフの色が変更されました、カラフルで表示されていたもから同色に近い色のみで作成された状態になりましたね。

 

 

あくまでもサンプルからの作成です。

 

自分で色やスタイルも作成できますので頑張ってグラフづくりになれましょう。

 

(はてな君)
ワクワク

 

(えっちゃん)
がんばろうね、はてなくん

 

(はてな君)
うん

 

「スタイル」もサンプルが用意されていますので変更してみたいと思います。

 

 

(はてな君)
すたいるってな~に?

 

(えっちゃん)
主に背景とか軸とかメモリとかの棒グラフを見やすくするためのエリアのことかな

 

色のバランスもありますので、色彩感覚が必要な場合もあります。

 

サンプルを使用してみました。

 

11種類のスタイルが用意されているメニューの中から➊を選択してみました。

 

すると➋先ほどまでの背景色などが変更されましたね。

 

(はてな君)
かわったね

 

(えっちゃん)
ね、こんなことが出来るんだ。

 

スタイルも色やレイアウト同様に作成することも可能です。

 

沢山作ったり、人のグラフをたくさん見ていたら色彩感覚や軸や凡例の配置などが身についてきます。

 

 

楽しく使えるように慣れていきましょう。

 

(はてな君)
うん

 

データの行と列を入れ替えれるコマンドの説明です。

 

データ行を入れ替える

 

グラフの内容の見え方を変更する方法です。

 

 

上図になります。

 

 

変更したいグラフを選択して、デザインタブ内の➊「行と列の切り替え」コマンドを選択します。

 

➋先ほどまで「年月日」が表示されていた箇所が「メニュー内容」に変更されました。

 

グラフの内容の見え方が、変わりました。

 

表示されている項目の凡例は順番を変更して表示させることも可能です。

 

 

デザインタブ内の➊「データの選択」を選びましょう。

 

 

➋データソースの選択ダイアログが表示されます。

 

(はてな君)
入れ替えるって何?

 

(えっちゃん)
凡例の順番が変更できるんだ。でも並び替えをしたら、今度は元に戻さないと行と列の入れ替えは操作できなくなるからね、慎重に操作しようね、はてなくん

 

(はてな君)
そうなんだ、制約があるんだね

 

(えっちゃん)
ちなみに動かしてみるね

 

 

凡例項目の順番を入れ替えるには➌の箇所の▼の表示されている側を操作すると順番が入れ替わります。

 

グラフの➍の箇所ですね。

 

入れ替えてみます。▼を操作して➎のように並び替えてみました。

 

 

➏凡例の並びが変更されてグラフの順番も変更されました。

 

見え方の順番を変更したいときには有効です。

 

 

ただし、グラフを印刷したりプレゼン後は元に戻しておきましょう。

 

最後にグラフのタイトルの修正方法です。

 

グラフタイトルを変更する

 

グラフが出来上がった時。

 

「グラフタイトル」って表示されている箇所があるんです。

 

変更して何のグラフなのかを記入するようにしましょう。

 

 

 

タイトルを修正したい➊グラフを選択します。

 

「グラフタイトル」にマウスポインタを重ねて➋右クリックしましょう。

 

 

メニューが表示されますので➌「テキストの編集」を選びます。

 

「グラフタイトル」の中に「|」カーソルが表示されます。

 

キーボードのDelキーを使って、➍グラフタイトルを消去させます。その際マウスで範囲選択してからでも消去できます。

 

消去されると➎「|」カーソルだけが表示されます。

 

新しく名前を入力しましょう。

 

ちなみに消去するときマウス等で範囲選択した場合でも新しい名前を入力すれば、新しい名前に書き変わります。

 

 

➏今回は「人気メニュー」と入れ替えてみました。

 

グラフタイトル以外のグラフを選択(左クリック)すると入力が確定されます。

 

以上でタイトルの変更が出来ました。

 

まとめ

 

今回は、リボンのコマンドに用意されているひな形を活用してグラフを作成してみました。

 

ひな形で作ると簡単には出来上がるのですが、色などを変更したくなります。

 

操作に慣れてくると、必ずできますので慌てず、まずはグラフの作成方法を習得してみてはいかがでしょうか。

 

もしよかったら、ぜひお試しください。

 

 

楽しくエクセルをアレンジして今日も、新しい発見をしてみませんか!

自分に合ったお気に入りのスタイルでエクセルを使いこなしていきましょう。

 

ありがとうございました。

 

 

 

スポンサーリンク